輸入代行、仕入れ代行の 深圳市信中代供应链有限公司

TOP >中国から日本まで船便でどれくらいかかりますか?日本輸出入申告の流れ

中国から日本まで船便でどれくらいかかりますか?日本輸出入申告の流れ

2019年5月7日

日本は海に面しているため、国内には港が多く、海運が発達しています。中国は日本との貿易が頻繁で距離も近いので、船便を利用するのがお得で便利だ。では、中国から日本まで船便でどれくらいかかりますか?中国から日本までの船便料金はいくらですか?

出発港や目的港によって、中国から日本への海運時効に違いがあります。深圳から横浜の場合は、直通で5〜7日かかります。

日本輸入貨物の申告と流れ

日本の《関税法》によると、通常、輸入貨物は保税区域に持ち込み、税関に申告しなければならない。税関は輸入申告を受けた後、単記審査と必要な貨物検査を行い、課税貨物は原則的に企業が関税などの税金を納めた後、税関で引き渡し、企業側が商品を受け取ることができる。

1、課税区域に入らない条件:
(1)バラしたお荷物などは、保税エリアにはお持ち込みいただけません。
(2)野菜や魚介類などを素早く運ぶ航空貨物です。


2、出荷可能条件:規定により、以下の条件を備え、税関長に関税保証を提出し、税関長の同意を得た後、先に商品を受け取ることができる。
(1)貴重品、危険品、変質、破損の恐れがある荷物です。
(2)展覧会への参加で時間制限のある荷物です。
(3)特恵税率を適用して原産地証明書を提出しなければならない貨物たち。
(4)契約書は、荷揚げ後に数量を確認する必要があり、まだ数量が確定されていない荷物を届け出ることを規定しています。


3、先に発行し、後の納税条件
特例申告制度に該当するものは、先に手続きをして後で納税することができます。特例申告制度が適用されるのは、主に安全性の管理とコンプライアンスのリスク管理の仕組みを通し、関係長から許可された特例輸入者です。輸入者のコストを減らし,利便性を高めるためである。